不登校支援のゴールとは?

こんにちは。 今日のブログ担当は、スタッフの武脇です。 先日、まちラボのみんなで、熊本県人吉市に温泉旅行に行ってきました。 4年生の卒業旅行です。 まちラボのみんなで遊びに行くことはなかなかなくて、先輩たちはもちろん、最近まちラボに入った新スタッフとも仲が深められました。 現在春休みで学校に行っていないので、私が会うのは最近まちラボメンバーばかりです(笑) それでも、まちラボの活動以外でみんながどんなことをしているのか、実はよく知りません。 旅行で長時間一緒に過ごすことで、より仲間のことを知ることができたなと感じます。 3月で4年生メンバーが卒業し、次年度メンバー7人でチームを再構築しなければなりません。...

はじめまして

はじめまして🌱新しくスタッフになりました、北美咲と申します。どうぞよろしくお願いします🙇‍♀️ 今回は初めてのブログということで、少し緊張していますが、今日は将来のことについて少しお話したいと思います。 小さい頃から今に至るまで、色んな人に「将来の夢は何?」と訊かれてきました。私は今でもまだなりたい職業については模索中です。小さい頃からずっと、「将来はしあわせなおばあちゃんになりたい!👵」と答えてきました。心の底から思っていることなのですが、周りからはいつも笑われます(笑) ここで私の言うしあわせなおばあちゃんというのは、「自分が今しあわせだとわかっていること」なんです。 そのためには、これから辛い経験も含め様々な経験を積む必要があるのかもしれません。今はまだ、知らないことばかりで、頭の中は欲しいもの、やってみたいことで溢れかえっています。それらと一つずつ丁寧に向き合っていくことで、私の将来に繋げていけたらなと最近は考えています😊 「将来」と言うと遠い先の話のような気がしますが、そこまでの道のりは、「今」の瞬間の連続です。まちラボでも、色々なことに挑戦し、頑張っていきたいです。 これからまちラボの皆さんにもたくさんお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いします🙇‍♂️

あ り の ま ま

こんばんは!スタッフの里見です。もうあっという間に1年が過ぎようとし、4年生の先輩方と一緒に活動できるのがあとわずかという寂しさと、先輩方が繋いで来て下さったバトンを次につないでいくためにはどうしたら良いかを考えてドキドキワクワクな日々を最近は過ごしています(^^)さて、今回のブログでは普段頻繁に考えている疑問の一つについて書こうと思います。 “  あ り の ま ま  ” この言葉はよく見聞きするのではないかと思います。某映画の歌詞に登場し、一時期ブームになっていたことは記憶に新しいでしょう。私もよく、「ありのままのあなたでいい」「あなたはあなたのままでいい」「あなたらしくで大丈夫だよ」などと言われる事があります。しかし、言われる度に『ありのままって?』『“らしさ”とは?』とよく考えます。...

成長していることに気づかせる

こんにちは😊 バレンタインも終わましたね〜🍫 みなさんはチョコ渡しましたか!? 私は、子ども達に手作りのクッキーを渡したのですが、食べた子ども達が「これ先生つくってないやろ!買ったやつやん!」と言ってきて…美味しい!より嬉しかったです!✨笑 喜んでくれて何よりでした😊 さて、今日は、子ども達と関わっていく中で大事にしていること、これからも大切にしたいなと思うことを書きたいと思います😊 学校の先生になる上で、もちろん勉強を教えるというのは大切なことかもしれませんが、私の中でそれは一つの手段に過ぎず、〝その子が生きていく上で必要なことを伝えていく〟という認識です。日々の関わりの中で子どもと向き合い、子どもが自分の成長を自分自身で気づき、また成長していくその過程を見守る役目だと思っています。 あくまでも、〝気づかせる〟ことが大切だと思ってます。 私自身も、できるようになったこと、克服できたことを改めて気づけた時、とても嬉しくなります!そしてそれが次へのパワーに繋がります😊...

将来の夢

初めまして!今回初めてスタッフブログを書かせていただきます、スタッフの江崎です😊いつもまちづくりLABを応援してくださり、ありがとうございます。 私は昨年の4月ごろからまちづくりLABのくすのきを担当させていただき、約1年になります。昨年入ったばかりでもうあと1カ月で卒業するので時が流れるのは早いな~としみじみ感じています。大学も先週大学生活最後のテストが終わり卒業までもう間近になりました。 大学生活もまちづくりLABでも多くの事を経験させていただきました。 私は、大学受験をする時に子ども達と関わる仕事がしたいという理由で教師になろうと思い、今の大学に決めました。 小さい頃から私より小さな子達と関わる事が多く、子ども達と関わる仕事ができたらなーっと言う考えがずっとあり今に至ります。 小さい頃に出会った人や、経験した事が、今の私を構成してるのだな~と思います。 それは、まちづくりLABの時でも思い、私達の対応や言動により子ども達に様々な影響を与える事。 これは、まちづくりLABで、学んだことの一つです。 まちづくりLABに加わってとてもよい経験させていただき、よかったと思います。...

考え続けるということ

おはようございます☀️ スタッフの岩頭です😊 昨日人生初のスノボに行ってきて、全身筋肉痛でまるで亀のように🐢歩いております… が、頭はうさぎのようにフル回転していきたいと思います!🐇 今回も、わたしが活動していて思ったこと、これからも大切にしたいことについて書きたいと思います。よかったら最後まで読んでいただけると嬉しいです😊 今まで、まちラボで色んな子ども達と関わってきて、色んな福祉の現場も知って、 「難しい」と思うことや、「自分に解決できることなの?」とわからなくなることがありました。 目の前の子どもを救いたいという想いと、 そのためにしていかなければならないこと、個だけでなく全体に働きかけていかなければならないことを知ったからこそ、悩む日々も多かったです。...

ゆうがおサポーター募集(7/8)

まちづくりLABの活動の1つである、「ゆうがおサポート」でサポーターとして活動を行う大学生を募集しています! ゆうがおサポートは外出や対人に抵抗、不安があり、ひとりで悩んでいる子どもたちの家に大学生ボランティ アが訪問し、子どもの悩みや成長に寄り添っていく事業です。 ゆうがおサポートで関わるのは、不登校だったり、対人や外出に不安、抵抗があったりする子が多いです。そのため、家にこもっていたり、家族以外とは誰とも会っていなかったり する子も少なくありません。そして、子どもたちは、学校に行けていなかったり、他の人と違う自分は「普通じゃない」「怠けているダメなやつ」と自分で自分を責めていることが多く、社会を拒絶しています。 私たちは、ひとりで、家の中で悩み、苦しんでいる子どもに「大丈夫、君は悪くない、そのままで大丈夫、これからのことはそばで一緒に考えるよ」と伝えにいっています。 あなたのその一歩、差し伸べた手が、子どもたちにとって大きな力になり得ます。 どうか、大学生の皆さんのお力を、貸していただけないでしょうか。 少しでも興味のある方は、ぜひ一度、ご連絡ください。...

はじめまして!

はじめまして。新しくスタッフになりました、板谷莉佐です。よろしくお願いします😌 私は、まちラボの活動では「フリースペースつばさ」に携わっています。 「フリースペースつばさ」は、小学生から高校生を対象としているもので、勉強やゲームやお喋りなど、好きなことを自由にして過ごせる場所となっています! 私は、子どもと一緒にボードゲームやお喋りをしたり、お昼ご飯を一緒に食べたりして過ごしています。ゲームのルールを教えてくれたり、折り紙を教えてもらうこともあり楽しいです! 元気に走り回っている子どもや、ゲーム機の対戦で盛り上がっている子ども達を見ると、私まで明るい気持ちになります💫 つばさが終わる時間が近づき、帰る準備をしている子どもからよく、「次のつばさはいつですか?」という質問をほぼ毎回聞かれたり、他のスタッフに尋ねている場面を何度も見たことがあります。また、時間になっても中々帰りたがらない子どもを見ると、つばさに来てくれている子ども達にとって、つばさは居場所と感じてもらえているのかな?と感じています!毎回参加してくれている子どももいて、嬉しく思います🌼 現在私は大学3年生なので、4月から4年生になります。大学生活最後の1年間。人生で最後の学生生活1年間。捉え方は色々あるけれど、悔いのない1年間にしたいと思っていて、これからの1年間どうやって過ごそうかなー、大学生らしいことしたいなー、卒業した後はどのように生きていこうかなー、と、色々なことを日々考えて過ごしています。 最後まで読んでいただきありがとうございました🍀

叱るということ

こんばんは! スタッフの岩頭です😊 最近は、スタッフブログでスタッフの想いや考えを知れて、私自身すごく嬉しいです🌱 さて、今回のブログでは、私が今までたくさんぶつかってきた「叱る」ということについて書いてみたいと思います。 というのも、今日、久しぶりに子どもと接している時に叱る場面がいくつかあって、改めて難しさを感じたからです。 今まで、多くはありませんが様々な子ども支援の現場で子ども達と関わってきて、その中で〝自分の役割〟というものを考えることが多くなりました。 この空間で、自分はどんな役割をすべきか。 叱るときも、自分の軸がブレてしまうと、子どもには伝わらないと思っています。 あの時は良かったのに、今はなんでダメなの?...

思いをいたす

久しぶりの投稿となります、スタッフの米井です。 いつもまちづくりLABを応援してくださって、ありがとうございます。 まちLABも大学も、あと1ヶ月ちょっとで卒業となり、時の流れの早さを感じて1人震えています。 この前産まれたばっかりなのになぁ~はやいな~ なんて、くだらないことばかり考えながら最近は過ごしています。 さて・・・! まちLABに加わってから、ありがたいことに私は自分の好きなことに携わらせてもらっています。ボランティア募集のチラシやハンドブック、定期的に発行する活動報告の通信紙などの編集です。(至らない点ばかりですが) 昔から駅や街中で広告を見るのが好きで、その時は「この広告かっこいいなぁ」「おぉ~おしゃれだ~」と、ただ眺めてひたすら楽しんでいました。 けれども、まちLABでチラシなどを作成するようになり、広告を今までとは違う見方をするようになりました。 それは『広告と会話をする』ことです。...

はじめまして

はじめまして、になります。新しくスタッフに加わりました青江美智子です。よろしくお願いします! 昨年の11月から始まったぷらっとホームねむの木に通っています。毎週水曜日、3歳~中学生の色んな年代の子どもたちが放課後の居場所として遊んだり、勉強したりと思い思いに過ごしています。 子どもたちのエネルギーはすごいもので、逆に元気をもらっています。週半ばで疲れたなあ~と思っていたはずの肩こり大学生が、子どもたちと鬼ごっこなど体を使って遊んだりおしゃべりしたりする内にいつの間にかもりもり動いているし、元気も湧いてきて終わりの頃には前向きな気持ちになっています。 基本的には楽しく遊んでいますが、中には少し迷う時もあります。 遊びのルール決めでけんかになった時や、レゴブロックの組み立てで子どもが何か違うぞ、となっているときにヒントを口出ししてもいいのかな、だったり泣き出した時の理由はどう聞いてどんな言葉かけをしたらいいんだろう、だったり。小さなことではありますが、大事な子ども時代は色々な人と接する一瞬一瞬の積み重ねで、短い時間でも、その接する一人であると思うと責任を感じてつい正解を探してしまいそうになります。 一方で、単純に人間の1対1の関係として接したい気持ちもあって、立場をどこにとって接したらいいのかはとても難しいです。 本当にまだまだぺーぺーで知らないことしかないなあと思いますが、活動する中でもっと力になれるようになっていきたいと思います。 随分まとまりのない文章になってしまいましたが、ご一読ありがとうございました。

2月3日のつばさ!!

みなさん、こんにちは! スタッフの里見です。  まだ寒い日が続いていますが、最近少し暖かくなって今年は桜の開花が早いかもなぁと思っています🌸 さて、2月3日はフリースペースつばさの開設日でした! 2月3日といえば、節分! ですね つばさでは子ども達がいつものようにそれぞれが好きなことをして過ごしていました(^.^) いつもはボードゲームなどをして過ごしている子たちも、「今日はDS持ってきたー!」と最初は持ってきたゲーム機で遊んでいました。 「トモダチコレクション」や「スーパーマリオブラザーズ」など『懐かしい…!』と思うゲームをしていて、小学生ではまだやっている子がいるようです!...

歩いて行く道

2019年も始まったと思えば、もう2月…! 本当に月日の流れの速さには驚くばかりです。 さて、バトンが回ってきました…! スタッフの岩頭です🌼 久しぶりの更新になってしまいました… このブログを書けるのもあと少し、少しでも多くのことを残しておきたく、ここに記します! 良かったら読んでください😊 突然ですが… 今、皆さんは歩いてる自分の道を正しいと思っていますか?...

未来

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 はい、お久しぶりです。 スタッフの草島です。 自分が最後にブログを書いたのはいつでしょうか……。 遡るのも怖いくらい、サボっていました。 なんという先輩でしょうか。 後輩の手本になれるように今からがんばります! はい、私はですね、今年4年生で、もうすぐ大学、まちらぼ、バイト先とそれぞれ卒業の時期が迫ってまいりました。 私は大学受験の頃、中学からの夢だった先生になりたいと思って、大学選択をしました。...

自分らしく生きることができる環境

ご無沙汰しています! スタッフの藤浦です。スタッフ活動とともに最近は就職活動も始まってきて将来自分はどんなことがしたいのだろうかと考えています。 そのなかで今一つの答えとして 『生まれ育ちに関係なく、自己実現できる社会の実現』をしたいという風に考えています。 誰もがそれぞれ少しずつ違う環境に生まれ、異なる人と接していく中で自分をつくり、生きていると思います。 そしてその環境の中には、様々な要因で余裕を持ちにくい、自分でないなにかのためにいっぱいいっぱいになってしまうようなものもあると思います。 だからこそ、大切な友達や人をもてなすように、自分のことも大切にできるような、人生を少しでも楽しく過ごすごとができるような仕組みが必要だと思っています。 「社会」とは、人が幸せに生きることができるのを助ける仕組みのことであると考えています。 本来ならば「ヒト」も他の種と同じように「繁殖」することを目的として存在しているだけのはずですが、...