未来トークを振り返って

こんにちは。今回の担当はスタッフの青江です。 前回の武脇さんのブログにもありましたが、ブログ内容の今回の共通テーマは未来トーク。 ということで、このテーマとしてはトップバッターで未来トークを振り返ろうと思います。もう半月ほどになりますが、3月14日に大野城市平野中学校にて未来トークを開催しました。大学生40人で中学校に出向き、大学生1人を中学生5,6人ほどで囲むような形で様々なテーマでお話しました。 当日、午前の部では司会アシスタントをやらせていただいて、とにかく気づいたら終わっていたという印象です。中学生と大学生がアイスブレイクの絵伝言ゲームであれほど盛り上がるとは正直思っていませんでした(笑)アイスブレイクの後、雰囲気もあったまった状態で本編未来トークに入りました。 午後の部では、司会アシスタントはスタッフの北さんと交代し、大学生と中学生の輪を見て回る機会を多く持てました。当日になるまでなかなかイメージしきれていないところがあったのですが、実際に目にしてみると素敵な場だなあ、と思いました。 大学生の目線になるのですが、3月中旬は大学生は1か月半ほどもある長期休暇の真っただ中の時期です。その中の1日の過ごし方を、中学生に話しにいくことを選んでくれた大学生がこんなにいるんだなぁという状況も尊いと思いました。 未来トークを始めるきっかけの1つに、地域コミュニティの崩壊などで身近に様々な大人に接する機会が減り、自身の将来を考える上でモデルとなる人を見つけにくくなっていることがありました。一方で、多様な価値観を認めようとする流れもあり、このようなコースに乗れば大丈夫、といったある程度共有されるような価値観も薄らぎ、各個人が自身の価値観をしっかり確立することが求められています。 子どもたちは、個性や独自の価値観を自分の手で確立することを求められる一方で、将来のなりたい姿をイメージするモデルに出会う機会が少ないという苦しい状況にあるように思います。もう一方でアクセスできる情報量は膨大なものになっています。なんでもいいと言われても、ありすぎてわからなくなる、といような状況なのかもしれません。今の大学生と中学生の間という数年程度の年差でもジェネレーションギャップを感じるほど急速に変化しています。多くの子どもたちがスマホを持つようになり、小学生でもお気に入りのYoutuberが当た

はじめまして

はじめまして、になります。新しくスタッフに加わりました青江美智子です。よろしくお願いします! 昨年の11月から始まったぷらっとホームねむの木に通っています。毎週水曜日、3歳~中学生の色んな年代の子どもたちが放課後の居場所として遊んだり、勉強したりと思い思いに過ごしています。 子どもたちのエネルギーはすごいもので、逆に元気をもらっています。週半ばで疲れたなあ~と思っていたはずの肩こり大学生が、子どもたちと鬼ごっこなど体を使って遊んだりおしゃべりしたりする内にいつの間にかもりもり動いているし、元気も湧いてきて終わりの頃には前向きな気持ちになっています。 基本的には楽しく遊んでいますが、中には少し迷う時もあります。 遊びのルール決めでけんかになった時や、レゴブロックの組み立てで子どもが何か違うぞ、となっているときにヒントを口出ししてもいいのかな、だったり泣き出した時の理由はどう聞いてどんな言葉かけをしたらいいんだろう、だったり。小さなことではありますが、大事な子ども時代は色々な人と接する一瞬一瞬の積み重ねで、短い時間でも、その接する一人であると思うと責任を感じてつい正解を探してしまいそうになります。 一方で、単純に人間の1対1の関係として接したい気持ちもあって、立場をどこにとって接したらいいのかはとても難しいです。 本当にまだまだぺーぺーで知らないことしかないなあと思いますが、活動する中でもっと力になれるようになっていきたいと思います。 随分まとまりのない文章になってしまいましたが、ご一読ありがとうございました。