第2回   福岡こども学入門「大学生だからできる子どもとの関わり方」

🌸お申し込みはこちらから🌸

福岡こども学入門は、福岡で子ども支援に関わる活動を行なっている大学生たちの勉強会です。毎回講師を招き、子どもとの関わり方や子ども支援について、学びを深めています。

第2回目のテーマは、「大学生だからできる子どもとの関わり方」です。
講師は、宮崎国際大学准教授で、発達心理学や環境心理学を専門とされている山下 智也さんです。

山下さんは大学院生の頃から、福岡市東区にある箱崎商店街(きんしゃい通り)の一角に、「きんしゃいきゃんぱす」を設け、子どもたちが自由に遊べる遊び場という形で、地域の中に子どもたちの居場所作りを行なっています。

また、福岡市が主催している「放課後遊び場づくり事業(通称わいわい広場) 」において、推進委員長を務めるとともに、学生プレイワーカー育成講座の講師として(一般社団法人PLAY FUKUOKAのスタッフとして)、子どもたちと関わる大学生の育成に力を入れていらっしゃいます。

今回は、そんな山下さん(やましーたけさん) と一緒に、大学生として、私たちができる子どもたちとの関わりかたについて学んでいきます。

これまで子どもたちと関わってきた大学生だけでなく、「子どもと関わる活動に興味がある」「これから子どもに関わっていきたい」というような大学生が、「はじめの一歩」となれるような場にしていきたいと考えています。

~詳細~
🌸お申し込み🌸
https://pro.form-mailer.jp/fms/bf14e47c122535

※当日参加も可能ですが、定員を超えた場合は申込された方から優先となります。

●日時
9月25日 (月)
19:00-21:00(18:45開場)

●場所
福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)
5F 503
(福岡市中央区荒戸3-3-39)
地下鉄「唐人町駅」より徒歩5分程度

●定員
30名

●参加費
500円

●対象
福岡で子どもに関わる活動をしている大学生
福岡で教育·心理·福祉を学ぶ大学生

●内容
大学生だからできる子どもとの関わり方

●講師
山下 智也 氏

宮崎国際大学准教授
放課後遊び場づくり事業(通称わいわい広場) / 推進委員長
学生プレイワーカー育成講座/ 講師

大学院生の頃から、子どもたちが自由に遊べる遊び場という形で、地域の中に子どもたちの居場所作りを行なっている。
さらに、福岡市が主催している「放課後遊び場づくり事業(通称わいわい広場) 」において、推進委員長を務めるとともに、学生プレイワーカー育成講座の講師として(一般社団法人PLAY FUKUOKAのスタッフとして)、子どもたちと関わる大学生の育成に力を入れている。

●企画・運営
福岡子ども支援学生連盟

●主催
NPO法人まちづくりLAB

●お問い合わせ
info@machilab.org(まちづくりLAB事務局)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

●「福岡こども学入門」とは
福岡で子ども支援をしていくために大切な視点を知るための勉強会です。
遊びや教育、福祉、心理など様々な事柄をテーマにしていきます。

●「福岡子ども支援学生連盟」とは
福岡で子どもに関わる活動をしている大学生の連盟です。
大学生が共に学び顔を合わせる関係を作っていくことにより、子どもたちにとってのよりよい関わりの実現を目指しています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

About the author: 友寄美咲