Long time no see!!

お久しぶりです。植田です。

夜分遅くの投稿失礼致します。

トプ画は昨年撮った博多駅前にあるイルミです

写真が全くないので季節外れですみません

蒸し暑い日が続き、外を歩くのも億劫に感じている時期ですが皆さんいかがお過ごしでしでしょうか?

私事ですが日曜日に二つ目の教員採用試験を終えました。両日ともにとても暑く、また、沢山の受験生に圧倒されつつも試験を受けてきました。

今回の試験のために、5月から塾講のバイトも、大好きなオーケストラ練習も演奏会鑑賞も全て我慢し、試験のことだけを考えて過ごす日々でした。

所属学科からの受験者が少なく、学科の友人にもなかなか会えなくて精神的に寂しいと感じる時もありましたが、家族をはじめ、友人や沢山の人の見えない支えに有り難さを感じることが出来た期間だったと思います

現在結果待ちという状況ですが、ここで流れを断ち切らず二次、来月の私学や小学校試験に向け勉強に励み続けていきます。

前半では試験の話をしましたが私も実は教育実習へ行ってきました。簡単に概要を話したいと思います。

他のスタッフより二、三週間ずれてスタートした三週間の実習。お世話になった恩師は皆人事異動で、不安の中で始まった実習でした……。

授業回数は合計して15回。実は私、教育や心理専攻の多いスタッフの中で、唯一英語の専門です。

生徒から必ず聞かれたこととして、

「海外経験は、ありますか?」

実は英語専攻の身で恥ずかしながら海外経験はゼロです……(経済的な事情もあったのですが)

卒業までに、貯金をして語学留学することも将来の夢の一つです。海外経験があればもっと沢山のリアルな体験談が出来ただろうなと感じてます……。大学の講義での異文化についての学びや、自らテレビで得た知識、ただ伝えるだけでなく自分の中で活かせていることなどを生徒に授業の中で話をしました。生徒たちの「そうなんだ!すごい!面白い!」、驚きの表情を浮かべているのを見て私もとても嬉しかったです。

授業以外では現役時代に所属していた部活動を見学させて頂きました。(実は中学時代は友寄さんと同じく放送部所属でした)夏のコンクールに向け互いに切磋琢磨し合う姿を見、現役時代を思い出すとともに、生徒たちの無限のエネルギーを感じた瞬間でした。

最終日。全校生徒の前で挨拶をさせて頂き、仲間を大切にすること、今、一生懸命励んでいること(部活、趣味etc)に精一杯打ち込み続けることの大切さを自分自身の体験談をもって伝え、私の三週間の実習は終わりました。

一実習生として、生徒たちに何が残せたのか。私の姿はどのように映ったのか。私の思いが生徒に伝わっていればとても嬉しいと心から思います

生徒の成長を年間を通して見ることができることに魅力を感じ、教員になりたいと改めて強く感じた実習でした。

まちラボでは、セカンドティーチャーとして学習会に行かせて頂いています。半年足らずですが生徒との交流経験を実習に活かすことが出来たのでは…と思っています。

先週をもって一学期の放課後学習会は終了となりました。二学期も、元気いっぱいの生徒とともに私も学び続けて行きたいと思っています

長くなりましたがここまでと致します。

See you next time!!

About the author: 植田有紀