第1回子どもの支援を考える青年会

皆さんこんにちは!
岩橋です(*^^*)

昨日4/17は第1回子どもの支援を考える青年会でした!


 まちLAB主催の勉強会は久々でしたが、多くの学生に参加していただきました。

内容は、様々な事例をもとに、「どこに注目するか」「そこからどう仮定するか」という話をグループごとにしました。さらにまた深く話を出し合ったのですが、そこからそれぞれの特徴に気づきました。

私は、本人の意見を聞かずに仮定ばかりが先走ってしまったりするところがありました。

自分の特徴に気づくことって大切ですね。自分を知ることで、良いところは生かしたり、悪いところは気をつけたりすることができます。

わたしのグループは、その子にどんな背景があるのか、それをどう聞き出すのか、じゃあどんな支援が必要か、考えれば考えるほど疑問は湧き出しました。

    
こんなに学生が子どもとの関わり方を考えることは、なかなかないと思います。

わたしも毎回子どもと接したときは、このように振り返るようにしていますが、どんな対応も、策も、経験と知識が必要だなと痛感します。

新任の先生でも、子どもには新任なんて関係ありません。先生です。だからこそ、学生である今、経験を積んでいきたいと改めて感じました。

次回も参加者が一緒に考える勉強会です。学生が前で話すというなかなかないワーク、必見です。

最後に、福岡市は被災地に送る物資を集めていました。わたし含めスタッフも青年会に行く際に家から持ち込みましたが、大名小のいくつもの教室が物資でいっぱいでした。

被災地の安全を祈り、自分にできることをできるだけ、と思っております。

About the author: 岩橋和芽

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.