言葉にする

最近朝の弱さに磨きがかかり、お布団とマブダチになれました米井です、お布団は裏切りません、こんにちわ。

昨日は全体ミーティングの日でした!

このミーティングまでにスタッフにはある課題がでました。

それは、各事業のベクトル・プロセスの共有のために、各々の案をまとめてくること!

引用:スタッフ草島さんによるツイート
(ちなみに私は 期待に応えたい!! のプリントでした(o^^o)✨)

それぞれが持ち寄った案を元に、グループで話し合いました。

理念、ビジョン、目標…..

その目標は実現可能か…

抱えている問題はどういうものか…

個人的な話になりますが、私は昔から自分の意見を言うのが苦手です。

頭の中には、ぼんやりとした考えはあるし、自分の意見も全くない訳ではないのです。(たまに驚くくらい何も思いつかないときもあります(小声) )

しかし、その頭の中のぼんやりを上手くまとめて発信(声にしたり、文字にしたり)するのが やや…….すみません盛りました、かなり 下手です。

そんな私は、まちLABに入って、思いを言葉にすることがいかに大切か、ひしひしと感じています。

そして言葉にしないと何も進まないし、子ども支援にも繋がらないことに気づきました。

自分の考えをうまく伝えられなくても、伝えようという気持ちをもって自分なりの言葉にする

私の今月の目標です

(たった今決まりました)

ここまできてほとんどの方が気づいていると思います。

米井は、国語力がない…..!

(証明終わり)

数ⅢC 物理Ⅱ 化学Ⅱまで履修した根っからのリケジョです、国語力なんて多めに見てください←

話がまとまらなくなってきたので、ミーティングの話題に戻ります!!


話し合いの結果、スタッフに関する目標とその期日・責任者が決まりました!

広告やデザインが好きな私は、ポスター制作の責任者に思いきって立候補しました。

今後の展開が不安でドキがむねむねしておりますが、不安をはるかに超える「挑戦したい!」気持ちです。

各目標に向かって、頑張っていきましょう!!

そしてこのミーティングで、児童福祉に関する知識不足を痛感しました。

まちLABの活動は、生半可な気持ちでできるようなことじゃない。

まちLABのスタッフである以上、私達は普通の大学生ではありません。

それ以上のものを求められます。

求められるレベルを超えていかなければならない

勉強と経験あるのみです。

よりよい子ども支援に繋げるために

頑張りましょう!!!!!!!

About the author: 米井美咲

Leave a Reply

Your email address will not be published.Email address is required.