恩師のコトバ。

みなさんこんばんは!!西元です!!

新年度が始まって早1ヶ月、みなさんはどのようにお過ごしでしょうか…??

西元はこの時期毎年恒例(?)の体調不良に加え、パソコンが壊れる、お気に入りのお皿を割る、さらに大学の課題に追われまくるという上々のスタートでした(´;ω;`)

現在、西元は実家の熊本に用事があって帰ってきております!


自分の部屋から見える風景です。畑と牛舎ばかりの、かなりの田舎町です…笑

(帰ってきた瞬間震度4の地震がありました…)

さてさて、私事ですが、今月終わりから、出身の高校で教育実習が始まります。

過去に書いたブログでもあったと思いますが、僕は高校時代、ほぼ部活しかしていなくて、先生から目をつけられていた生徒でした。笑

何度職員室に呼ばれたかわからないくらい、かなり迷惑をかけてしまったと反省しております。

そんな高校時代、いろんな先生にいろんなお話をしていただいた中で、一番心に残っていることがあります。

それは、高校3年生の冬、進路選択の時。

当時の担任の先生から言われた言葉。

「教師になるにはいくらでも方法はある。どの大学を選んでも、教員免許を取得して、採用試験に受かれば先生にはなれる。

でもね、それだけじゃ先生にはなれない。先生はそんな簡単な仕事じゃない。いろんな人に出会って、いろんな経験をして、それをきちんと伝える技術を身につけて、初めて生徒たちの心に響く。

いろんな大学があるけど、西元君には大学に入ったら、大学の勉強だけにとらわれないで、いろんな人と出会って、いろんな経験をして、自分の世界を広げてほしい。」

当時の僕にはなぜかかなり響きました。

結局、高校3年の時は受験に失敗し、浪人生活を迎えました。しかし、この言葉が支えとなり、真剣に勉強して、結果的に福岡に来ることになりました。

そして色々あって、まちラボのスタッフとして活動していく中で、自分が知らない世界を知り、ただ大学生活を過ごすだけでは経験できないような経験をし、そして素晴らしい人たちとの出会いを経験することとなりました。

今後もまちラボで、自分自身が成長できるように、そしてまちラボ自体も成長させていけるように、微力ながら頑張っていきたいと思います!!

ちなみにその恩師の先生、まだ同じ高校にいらっしゃるので、「問題児・西元」がどのくらい成長したか、期待してるみたいです。

プレッシャーがすごいですが、きちんと頑張ってきたいと思います!!!

About the author: 西元光太朗