お久しぶりです!友寄編

おはようございます!

3週間の教育実習を終えて、最近ふと、まちらLABのスタッフに会いたいなぁと考えてしまう友寄です。

そんな友寄が、2時間の通学中に書いているブログです!お付き合いください^^*
私は、5月22日から3週間、母校の中学校で教育実習をさせていただきました。

母校は、本当に母校?って驚くくらい、とても活気のある学校へと変化していました。掃除もひとこともしゃべらず、発表も積極的!悪いところは注意し合い、良いところは褒め合う、誰がどう見てもとてもいい学校です。

生徒たちも、私がいた7年前の母校のことを「ヤンキー時代」というようになっていて、「先生のいたヤンキー時代って体育大会とかどうしてたんですか?練習をちゃんとやる人はいましたか?クローズみないな感じでしたか?」
と、質問攻め(笑)
いやいや、クローズって、、、(笑)
時代の流れを感じました。
実習期間中に体育大会が行われたこともあり、体育の授業、体育大会の練習に全て参加してきました。ダンスが苦手だと言っていた生徒も日に日に上手になり、練習では出来なかった集団演技の技が本番では成功し、1回しか飛べなかったクラス対抗の大縄とびも優勝することが出来ました。生徒たちの助け合い、頑張る姿はとてもとても頼もしく、かっこよかったです。この体育大会を通して、たくさんの学年の生徒と関わることが出来ました。先生方には、普段より忙しくなるこの時期に私たち実習生を受け入れてくださったこと、またご指導いただけましたことを心から感謝しています。
授業も、9回ほどさせていただきました。授業を楽しみにしてくれる生徒に、どう工夫をすれば、次回も楽しみにしてもらえるか、先生からご指導をいただき、日々、クラス全員が参加できる楽しい授業を作り上げることに専念しました。実践してみると、私も思いつかない生徒から面白い回答が次々と飛んできて、授業というのは、生徒とともに作り上げるものであるということを学びました。

本当に先生方、生徒たちのおかげで、あっという間の充実した3週間となりました。また、3週間、サポートしてくれたまちLABのメンバーにも心から感謝しています。支えて下さった周りの全ての方々のおかげでなりたった教育実習でした。

これから、3週間立たせていただいた教壇に立つために教員採用試験を頑張るのだと思うと、本当にこの3週間は恵まれた環境にあったのだということを感じます。

教員採用試験に対しても、悔いのないよう臨みたいです。

通学は、まだまだ時間がかかりますが、ブログはここまでします^^*

お付き合いありがとうございます!

久しぶりに会う大学の友達と、教育実習の話が出来たらいいなぁとわくわくしながら、バスに揺られている友寄でした!

それでは!いってきまーーーす^^*

About the author: 友寄美咲