不安との付き合い方

皆さん、息抜きはできていますか?

最近無理してませんか?

 

こんにちは!岩橋です。

 

先日、はじめて1泊2日のひとり旅に行ってきました!!

東京や他県に1人で足を運んだことはありますが、目的は講演会出席でした。

観光は初めてです…!

 

というのも、

毎日、将来への不安ばかり募っていく日々。

なかなか自信もつかない。

良い空気が吸いたい!気分転換!

という結果、即旅が決定しました。

 

出発3日前に決心し、交通機関をチェックして、予定を組んで、チケットを手配して。

もうこれだけで楽しい。

 

そして当日、ほぼ誰にも行き先を伝えず、ひとりで高千穂に行って来ました!

移動中、棚田に目を奪われる

 

あまり詳細に書きすぎると、何のブログか分からなくなるので簡略化すると

 

いろんな人とお話ができました。

何も知らない人と並んで、「すごい…」とつぶやいた瞬間、

なんとなく感動を共有し会えた気がして、話が弾みました。

 

ひとりで来たのに、なぜかひとりの気がしないひとり旅でした。

本当に静かで素敵な所でした

 

良い息抜きができました。

将来について悩んだ結果の逃亡旅でしたー!

 

就職と卒業はもう目前。

 

 

 

 

 

えっ。

 

 

子どもと関わる職に就くことを目指していますが、

その職に就く上での課題と不安は山積み状態です。

 

もちろん、4年間で重ねてきた経験と知識もあれば、

「じゃあこれも」「あれも足りない」「これは直したい」

と期待や課題も増えるばかり。

 

 

よく「経験しながら学ぶから」「職についてからだよ」

とは言われるものの

 

子どもの一生は一回きりです。

 

その一生の中での大きな傷や失敗を

その子は一生抱えていくことになるかもしれません。

 

どの仕事も責任は重いですが、

子どもと関わるということは、そういうことだと思っています。

 

 

以前にもこのブログで書いたかもしれませんが、

 

子どもとの関わりに正しいはなくても、間違いはある

 

ということを常に念頭において活動をしています。

 

きっと普段は威厳を持って支援をされている方々でも、

「あれで本当に間違っていなかったのか」と

思い悩む夜も沢山あるのだろうと思っています。

 

少し真面目な話にはなりましたが

 

悩むばかりではいけません。

「もしこういうことが起きたときは…」

「こういうときは…」

と考えたり、知識を得ることも大切です。

 

ひとりで考えるよりは、みんなで考えて、沢山の方法を見つけたい!!

 

そんな願いを叶えてくれる

 

訪問支援研修会

 

が開催されます!!!

 

私自身も、この機会に沢山の方と悩みでも何でも話せたらと思っています。

ここにくれば、子どもとの関わりに期待や不安を抱えたひとに出会えるかもしれません。

少なくとも、私はそのひとりです。

 

お待ちしております!!

About the author: 岩橋和芽