自分らしく生きることができる環境

ご無沙汰しています!

スタッフの藤浦です。スタッフ活動とともに最近は就職活動も始まってきて将来自分はどんなことがしたいのだろうかと考えています。

そのなかで今一つの答えとして

『生まれ育ちに関係なく、自己実現できる社会の実現』をしたいという風に考えています。

誰もがそれぞれ少しずつ違う環境に生まれ、異なる人と接していく中で自分をつくり、生きていると思います。

そしてその環境の中には、様々な要因で余裕を持ちにくい、自分でないなにかのためにいっぱいいっぱいになってしまうようなものもあると思います。

だからこそ、大切な友達や人をもてなすように、自分のことも大切にできるような、人生を少しでも楽しく過ごすごとができるような仕組みが必要だと思っています。

「社会」とは、人が幸せに生きることができるのを助ける仕組みのことであると考えています。

本来ならば「ヒト」も他の種と同じように「繁殖」することを目的として存在しているだけのはずですが、

いのちをつないでいくことだけではなく、幸せに生きるという、ある意味ぜいたくなことをするためには、その分なにかしら努力を「ヒト」はしていくべきだと考えています。

だからこそ、みんなが幸せに生きるための、繁殖するだけでなく幸せになるための「社会」の発展をしていかなくてはいけません。

そのうえで僕が実現したい「生まれ育ちに関係なく自己実現できる社会」は、僕が現場を見たうえで創りたいと思った、幸せな「社会」の形だと思います。

まだまだ実現には様々な課題があるとは思いますが

①心理的安全性の担保されたコミュニティに所属していること

②少しあこがれることができるようなモデルがあること

が大切な要素になってくると感じているので

そのうえで、日々様々な活動をし、その気づきも踏まえて進路選択をしていきたいです!

About the author: 藤浦啓伍