まちづくりLABとは|子どもたちの学びと成長の支援

まちづくりLABとは|子どもたちの学びと成長の支援

まちづくりLABとは

まちづくりLABの理念

安心できる理解者を

私たちは理解者を、理解してくれる存在ではなく、「理解しようとする存在」と考えています。「わかってほしい」という気持ちは誰にでもあるものです。子どもたちは自分の悩みを十分に表現できる言葉を持っていないことや、自分の気持ちを整理できていないことがあります。

私たちはそんな悩みや気持ちに寄り添い、理解し続ける存在でありたいと思っています。それは、子どもだけでなく、保護者にとっても良き理解者でありたいと思っています。誰ひとり孤独に悩まなくていい未来の実現を目指します。

安心できる居場所

私たちは居場所を、「ありのままの自分を受け止めてもらえると思える場所」だと考えています。
誰にでも、安心して自分自身でいられる居場所は必要です。

居場所があると感じられない子どもたちが、居場所を見つけたり、つくったりしていけるように寄り添っていき、一緒に考えたいと思っています。
誰ひとり孤立を感じなくていい未来の実現を目指します。

安心できる学習機会を

私たちは学習機会を、「新しいことを学ぶ機会」だと考えています。
学校や塾だけが学ぶ場でしょうか。大人は仕事に合う合わないで転職ができるのに、子どもは学ぶ場を選べないのでしょうか。学校に行きたくても行けない子どもたちの学習は保障されないのでしょうか。

私たちは子どもの望むかたちの学習機会の保障をしたいと思っています。
どんな境遇にあっても学べる未来の実現を目指します。

安心できる選択肢を

社会的に「当たり前」と思われていることから、少し外れただけで、子どもも大人も、目の前のことに追われ、自分にある選択肢に気づけない状態になります。

自分に選択肢があることがわかると、気持ちに余裕を持つことができます。気持ちに余裕がなければ、楽しいことも楽しめなくなり、日々のエネルギーがなくなっていきます。どんなときにも気持ちに余裕を持てる未来の実現を目指します。

安心できる社会を

「困っているときはお互い様」の気持ちが薄くなってきている“いま”、私たちはどうあるべきでしょうか。

新しい個人のかたち、家族のかたち、社会のかたちを見据えて、私たちは未来になにを残し、なにを残さないべきかを考え、行動しなければならないと思っています。
次の未来を創っていく子どもたちが安心して、愛されていると感じながら、楽しく子ども時代を過ごしていけるような社会の実現を目指します。

設立趣旨

現在、子どもを取り巻く問題は多様化しています。生活が便利になっていく中での個別化・核家族化により、人と人とのつながりの希薄化が進み、発達障がいのある子どもや、虐待・非行・家庭内暴力・不登校・いじめ・貧困などの解決すべき課題がある子どもへの十分な対応ができず増加してきています。

困難な状況にある子どもは自分の居場所を得ることが難しく、自尊感情が低下し、生きることや将来への希望がなくなっていきます。私たちは困難な状況にある子ども達に居場所を感じることができるような支援をすることにより、エンパワーメントの視点から自尊感情を高め、将来へ挑戦する力を育てていく活動を行います。

また、子どもが将来へと挑戦できるような社会を目指すため、社会における様々な問題についての啓発活動を行い、市民の意識向上にも努めます。

それにより、私たちはどんな子どもも安心して生きていける未来、どんな子どもも将来に挑戦できる未来、子どものために人々が協力する未来を実現することにより「子どもが安心して暮らせるまちづくり」を目指します。

理事長紹介

理事長 永田 充(ながた みつる)

これからの社会を考えたとき、「いったいどうなるんだろう」と考えることが山のようにあります。それは、社会が維持継続していくためには、解決すべき課題でもあります。私たちが生きるこの時代は、自分の子ども、孫、ひ孫と、ずっと受け継がれるものです。まだ見ぬ子どもたちに、自信を持って、胸を張って、社会を引き継ぎたい。そう考えています。そこで、私は児童福祉の側面から、できることをひとつずつしていこうと決心しました。

ベタな言葉ですが、子どもたちは“未来”であり、“宝”です。そして、一人ひとりが、かけがえのない存在です。当法人の中心的な活動である訪問支援を通して、ひとりで悩みすぎている子どもたちに、「大丈夫だよ」とそばに寄り添っていければと考えています。

経歴

高校生の時、心理的に体調を崩し、一時不登校となる。家族や友人の支えがあり高等学校卒業程度認定試験合格。2年以上の闘病を経て、カウンセリングなどを通し、体調も回復していく。自分と同じような子どもを増やしたくないと決心し、大学で心理学を学ぶ。
大学2年生の時、大学の授業でボランティアとして社会活動に関わる重要性を学び、フリースクールやフリースペースを始めとし、小中学校内での学習支援や高校生のキャリア教育などにボランティアとして関わるようになる。これらの活動を通して、子どもを支援していくためにより多くの人が協力していくことの重要性を感じ、教育を始め、環境や政治、経済など様々な分野で大学生、社会人のイベント等の企画に携わり、問題啓発を行っていく。
これと同時に「任意団体 KCNクリエイションズ」で副代表を務め、学校の支援を行う。自身でも2012年に「任意団体 プロ研」を設立。大学生や地域への問題啓発活動や地域再生活動を行う。同年から福岡市こども総合相談センターの一時保護係夜間児童指導員として勤務。様々な子どもと関わりながら社会の課題を学んでいく。2013年のKCNクリエイションズの解散を機に、“子どもが安心して暮らせるまちづくり”という理念のもとプロ研と活動を統合し、新たに「任意団体 まちづくりLAB」として活動を始める。
困難な悩みを持っている子どもたちの力になっていくために、2015年にNPO法人化し、訪問支援を開始。不登校、家庭内暴力、非行、発達障がい、家族内不和などで孤独に悩んでいる子どもや家庭に寄り添う支援を行う。
現在は、訪問相談員として支援活動を継続する傍ら、支援ネットワークづくりや、問題啓発、講演活動も行っている。

NPO法人 まちづくりLAB 理事長
放課後等デイサービスぱれっとぷらす 管理者・相談員
不登校児童生徒に対する訪問型支援事業実行委員会 委員長
福岡市社会的養育のあり方検討会 委員(2019年)
福岡子ども支援学生連盟 アドバイザー

ページトップへ戻る